鉛フリーハンダ再生装置
Re:サイクロン
半田付装置稼動時に発生するハンダドロスを本装置に投入して再加熱後に攪拌する事により、ハンダと酸化物に分離し、ハンダを再利用する装置です。
特に鉛フリーハンダにおいては、錫鉛共晶ハンダと比較し高価でしかもハンダドロス発生量が多いため、本装置を使用することにより、大きなランニングコストの削減につながります。
資料請求
特徴

■内槽(ハンダドロス投入釜)は容易な脱着構造ですので、予備槽(別売り)を用意することにより、異種合金ハンダにも本装置1台で対応が可能です。
■内槽が容易に持ち運びできるため、本装置の設置場所を選びません。
■内槽を外す事により清掃が容易にできます。
■温度調節器はデジタル仕様ですので、現在のハンダ温度が一目で把握できます。
■ハンダ温度が希望温度に達したらブザーで知らせます。
■ヒーターは高寿命のカートリッジヒーターを採用しています。
■ ハンダ回収率約50%〜70%(ドロスの状態により変動します。)

 
本装置使用によるハンダ消費量削減効果


使用ハンダ Sn-3.0Ag-0.5Cu
ハンダ価格 4,000円/kg
ドロス発生量 10kg/日
回収率 60%
ハンダドロス売却価格 1,300円/kg
1ヶ月稼働日数 25日
以上の条件で試算すると
10×0.6×4,000×25=60万円/月
1300×10×25=32.5万円/月
60万-32.5万=27.5万円/月
27.5万×12=330万円/年

年間約300万円の削減効果が得られます。

注:上記試算には本装置使用による電気代及び人件費は含まれておりません。

 
仕様
電源 単層200V 1.5KW
装置重量 24kg
ハンダドロス投入量 約8kg
装置寸法