鉛フリー対応フローはんだ付装置
日本電熱株式会社製
LG-350NPX

ハッチ扉の採用と操作部の前面配置により、メンテナンス性と操作性を見事に両立し、予備加熱能力、基板冷却能力の向上を図りました。
エロージョン対策としては、はんだ槽の材質に鋳鉄を採用、また、1次、2次ノズルの共通化、標準化を通して、従来よりも装置全体の安全性や信頼性がさらに向上しました。

資料請求
 
 特徴
 

  ■エロージョン対策を万全にするべく、はんだ槽は標準で鋳鉄製を採用。
  ■冷却装置は、外気導入方式を採用し基板の上面と下面を冷却する。
  ■1次側及び2次側のノズルを共通化・標準化することで、装置の安定性・信頼性が向上。
  ■予備加熱器には、プレート型ヒーターを採用することで放熱面積が増え、効率のよい予備加熱が行える。

 仕様
 
入口コンベア 単相 200V 15W×2
搬送方式 ステンレス製#25ガイドプレート付ピンチェーン
基板乗せ代 2mm
搬送コンベア 3相 200V 100W(周波数制御:インバータ)
搬送方式:キャリアレス式チェーン
搬送角度:5°固定(製作時指定により4〜5°可能)
搬送速度:800〜2000mm/min
処理基板寸法 80〜350mm(Max) 長さ120〜400mm(max)
予備加熱器

3相 200V 3kW×3
構造:熱盤式プレート型ヒーター3枚構成
加熱方式:輻射及び対流熱伝達

温度制御:温調器およびSSR使用による3回路一括PID制御

冷却装置 外気導入式基板上下面冷却(単相 200V 40W 上面×2/下面×2
排気量 本体店万丈にφ100排気ダクト接続口を2箇所設置、はんだ槽後部レール上に排気フードを設置、天板排気口までアルミダクトにより導入
1槽式ジェミニスイングはんだ槽

3相 200V 13kW
加熱方式:間接加熱
噴流モーター:3層 200V 200W×2
スイングモーター 200V 25W

操作パネル

設定・表示機能 予備加熱温度、はんだ温度、各上下限警報温度、各PID定数、搬送速度など

総電力量 3相 200V 約26kW
  
OPTION
リニアポンプ式ハンダ槽
エルマンフロー

      
コンパクト、省スペースで従来機にもビルトインできます。

  ●機械式ポンプのインペラの羽がないため、ウェーブ高さの時間変動が少ない。
  ●流体に直接駆動力を与えるため均一なウェーブ波高分布が得られる。
  ●機械式ポンプにある可動部がないため、保守点検が容易。
  ●良好な流量制御性
  ●素早い応答性
  ●ハンダ槽の小型化が可能