高性能コンパクト印刷機
YAMAHA

YCP10
 上級モデル同等の印刷品質を実現し、大型基板・幅広いマスク枠にも対応
  ■高速印刷性能  8sec/cycle
  ■繰り返し位置合わせ精度  (6σ):±0.010mm
  ■大型基板対応  L510 × W460mm
  ■マスクサイズ  MAX.L750×W750
 
 Feature1  ハイエンド機ゆずりの機能搭載による高精度、高品質印刷
  ■ヤマハ独自の3Sヘッド 〔3S:Swing Single Squeegee〕
スキージのアタック角度(45〜65° 1度単位)と速度をプログラムにより任意に設定・変更でき、使用するハンダに応じた最適条件で印刷が可能。
  ■マスク吸着
マスク吸着機能によりマスクのたわみに影響されない安定した高精度印刷が可能。往復印刷時のオフセット入力を不要にし、段取り時間を大幅に短縮。
 
    ■充填補正機能
クリーニングを行った直後に生産する基板に対して、はんだ充填量を補正し印刷のばらつきを低減
 
 Feature2  高い汎用性と、多機能をコンパクトな1台に凝縮
  ■大型基板・幅広いマスクに対応
  幅1,130mmのコンパクトなマシンでありながら、L510 × W460mmの大型基板に対応し、様々なマスクサイズにも幅広く適応。ライン長生産性を向上。  対応マスクサイズ
  ■印刷検査機能(オプション)
高分解能&広視野の検査専用カメラによる本格的な印刷検査に対応。
  ■グラフィック目合わせ
モニタ上で2つの画像をレイヤー合成し、位置あわせ状況を直観的に確認。印刷位置合わせのパラメータ微調整がスキルレスで即時可能。
    ■自動クリーニングシステム
クリーニングタイプ、スピード、吸引の有無などを自在に設定。状況に合わせたクリーニングが可能。
    ■クリーナ溶剤タンク
大容量の溶剤タンクをマシン前面に配置。生産中に溶剤の交換ができる他、容易に残量の目視確認が可能。
 
 Feature3 ヤマハSMTのライン連携機能に対応し、効率の高い生産を実現
  ■ITオプション(オプション)
ハンダ、マスク、スキージをバーコードによるID管理を行ない、段取り作業において基板データと実際の作業を照合することで誤セットを防止。ハンダの期限管理(湿気期限、酸化期限、保証期限)も可能です。
 
    ■ハンダ残量検知機能(オプション)
マスク上のハンダのローリング幅を定期的(1回/往復)に測定・アラームなどで作業者による補充タイミングのバラつき、補充忘れを防止。
    ■バッドマーク転送(オプション)
YCP10で認識したバッドマーク情報をマウンターに転送し、サイクルタイムのロスを削減し、生産性を向上。
    ■ヤマハSMT
メイド・イン・ジャパンにこだわり耐久性の高い製品を製造。
印刷機・ディスペンサー・表面実装機・検査装置など、実装設備のフルラインナップメーカーであるアドバンテージを活かし、ライントータルでの生産の効率化・品質向上を実現
 
 充実したオプション
 
■印刷検査カメラ ■温度調整ユニット ■ITオプション
■基板吸着固定システム ■温調変圧器(トランス) ■ハンダ残量検知
■UPSシステム ■ダブルスキージ ■バッドマーク転送

 YCP10 基本仕様
 ※仕様・外観は改良のため予告なく変更することがあります。
機種 YCP10
対象基板  L510 × W460mm 〜 L50 × 50mm 
印刷ヘッド 3S (Swing Single Squeegee)ヘッド
ダブルスキージヘッド(オプション
印刷精度 繰り返し位置合わせ制度(6σ): ±0.010mm
サイクルタイム 8秒(標準印刷:当社最適条件、印刷時間を除く)
対応マスクサイズ
L750×W750mm、L736×W736、L750×W650、L650×W550
L600×W550mm(オプション)、L550×W650mm(オプション)
L584×W584mm(オプション)
電源仕様  単相 AC 200/208/220/230V ±20V  50/60Hz
供給エア源  0.45MPa以上、清浄乾燥状態 
外形寸法(突起物を除く)  L1,130mm × W1,760mm ×H1,370mm(突起部を除く) 
本体質量  約1,100kg